株式・投資信託・ETF・ニュース・ランキング



株式

28日のPTS注目ポイント=東エレク、東応化、新光電工、田岡化など

▽東エレク <8035> 、21年3月期第1四半期(20年4-6月)の連結業績は、売上高3148億2300万円(前年同期比45.5%増)、営業利益738億4900万円(同73.6%増)で、営業利益の上期(4-9月)予想1270億円(同24.0%増)に対する進ちょく率は58.1%。

▽東応化 <4186> 、20年12月期上期(1-6月)および通期の連結業績予想を上方修正。上期は売上高を従来の509億円から572億円(前年同期比16.9%増)に、営業利益を38億円から66億円(同49.1%増)にそれぞれ増額。通期は売上高を1070億円から1117億円(前期比8.6%増)に、営業利益を113億円から138億円(同44.6%増)に引き上げている。

▽新光電工 <6967> 、21年3月期第1四半期(20年4-6月)の連結業績は、売上高424億2500万円(前年同期比24.7%増)、営業損益37億3800万円の黒字(前年同期は3億6800万円の赤字)で、営業損益の上期(4-9月)予想67億円の黒字(同9億5100万円の赤字)に対する進ちょく率は55.8%。

▽田岡化 <4113> 、21年3月期第1四半期(20年4-6月)の連結業績は、売上高78億3200万円(前年同期比37.0%増)、営業利益7億7300万円(同2.6倍)で、営業利益の上期(4-9月)予想14億円(同65.0%増)に対する進ちょく率は55.2%。

▽CYBOZU <4776> 、20年12月期の連結業績予想を上方修正。売上高を従来の151億5100万円-154億5100万円から154億7700万円-157億7700万円(前期は134億1700万円)に、営業利益を13億2400万円-21億2400万円から19億6900万円-26億6900万円(同17億3200万円)にそれぞれ引き上げている。

▽SHOEI <7839> 、20年9月期の連結営業利益予想を従来の38億7000万円から45億円(前期比7.1%増)に上方修正。

▽コメリ <8218> 、21年3月期第1四半期(20年4-6月)の連結業績は、営業収益1118億500万円(前年同期比15.8%増)、営業利益124億1100万円(同74.3%増)で、営業利益は上期(4-9月)予想の120億円(同6.1%減)を突破。

▽ブルボン <2208> 、21年3月期第1四半期(20年4-6月)の連結業績は、売上高278億7800万円(前年同期比0.4%増)、営業利益9億2600万円(同93.8%増)で、営業利益は上期(4-9月)予想の6億円(前年同期は4900万円の赤字)を突破。

▽キャリアイン <6538> 、これまで未定としていた21年3月期の単体業績予想について、売上高25億5000万円(前期比9.1%増)、営業利益4億2500万円(同39.3%増)とした。

▽ニチレキ <5011> 、東日本電信電話、およびエヌ・ティ・ティ・コムウェアと、「真に緊急性を要する要修繕箇所を自動的に見出す技術」を基とするAI(人工知能)による局部損傷診断技術を完成させたと発表。

▽エムケー精工 <5906> 、21年3月期第1四半期(20年3月21日-6月20日)の連結業績は、売上高51億9400万円(前年同期比0.3%増)、営業利益3億1000万円(同19.3%増)と順調に推移。

▽主な決算発表=北陸電工 <1930> 、日清粉G <2002> 、ABCマート <2670> 、ALサービス <3085> 、信越化 <4063> 、四国化 <4099> 、医学生物 <4557> 、SBテクノ <4726> 、BPカストロ <5015> 、オムロン <6645> 、メルコ <6676> 、ファナック <6954> 、エンプラス <6961> 、シマノ <7309> 、キヤノン <7751> 、未来工業 <7931> 、京阪神ビ <8818> 、ジェコス <9991>

▽主な業績修正=太洋工業 <6663> 、ファナック <6954> 、フジトミ <8740>

▽主な増配の決定=ダイコー通産 <7673>

▽主な業績予想の発表=ALサービス <3085> 、信越化 <4063> 、四国化 <4099> 、オムロン <6645> 、シマノ <7309> 、キヤノン <7751>

*午後3時30分時点