株式・投資信託・ETF・ニュース・ランキング



株式

31日の東京株式市場見通し=続落後、もみ合いとなりそう

予想レンジ:2万2000円-2万2400円(30日終値2万2339円23銭)

31日の東京株式は続落後、もみ合いとなりそう。きのう30日の弱い動きが継続するとみられ、月末と週末が重なることもあり、手控えムードが広がりそうだ。為替相場は、ドル・円が1ドル=104円台の後半(30日終値は105円06-08銭)と円高に振れる一方、ユーロ・円が1ユーロ=124円台の前半(同123円52-56銭)と円安方向にある。対ドルでの円高による業績への影響を警戒して、輸出関連銘柄には重しとなりそう。ただ、通常取引終了後に20年4-6月期の決算発表を行った、アマゾン・ドット・コム<AMZN>やフェイスブック<FB>が時間外取引で急騰していることから、IT関連銘柄に関心が向かう可能性もありそう。

30日のADR(米国預託証券)は円換算値で、エーザイ<4523>、コマツ<6301>、アドバンテス<6857>などが、30日の東京終値に比べ安い。シカゴ日経平均先物の円建て清算値は、30日の大阪取引所終値比90円安の2万2230円だった。(高橋克己)

31日の主な経済指標・スケジュール
【国内】
・ 8:30 6月失業率・有効求人倍率
・ 8:50 6月鉱工業生産
・決算発表=JT<2914>、武田薬<4502>、塩野義薬<4507>、小野薬<4528>、第一三共<4568>、ZHD<4689>、豊田織<6201>、NEC<6701>、キーエンス<6861>、デンソー<6902>、村田製<6981>、三井物産<8031>、みずほ<8411>、大和証G<8601>、JR東海<9022>、ヤマトHD<9064>、SGHD<9143>、KDDI<9433>
・IPO(新規上場)=Sun Asterisk(サンアスタ)<4053>、日本情報クリエイト(日本情報C)<4054>

【海外】(時間は日本時間)
・10:00 中国7月製造業PMI
・18:00 ユーロ圏4-6月期GDP
・21:30 米6月個人所得・個人支出
・シンガポール、マレーシア、インドネシア、トルコ(8月3日まで)市場休場
・決算発表=(欧州)アマデウスITグループ、ノキア、ユミコア(米国)キャタピラー<CAT>、シェブロン<CVX>、メルク<MRK>

◎関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。