株式・投資信託・ETF・ニュース・ランキング



株式

今晩のNY株の読み筋=米7月雇用統計に注目

 きょうの米国株式市場は、米7月雇用統計に注目が集まる。

6月の非農業部門雇用者数は新型コロナウイルス感染拡大に対するロックダウン(都市封鎖)を受けた一時帰休者の多くが職場復帰し、市場予想を大幅に上回る結果となった。今回は前回から増加ペースが鈍化するとの見方が市場コンセンサスとなっている。極端に弱い結果とならなければ、コロナ・ショックから持ち直しているとの見方が相場の支えになるとみられる。

一方、米追加経済対策をめぐる与野党協議は、対策規模などで双方に隔たりがあるとされているが、合意が見送られてもトランプ大統領が失業給付の特例加算の延長や給与税減税などについて大統領令を準備するとしており、ペロシ米下院議長もそれを望むとしていることから懸念後退となりそうだ。

<主な米経済指標・イベント>
7月雇用統計、6月消費者信用残高

(日付は現地時間)

◎投資関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。